趣味

2011年5月26日 (木)

ウサマビンラディン

早いもので、ご無沙汰しているうちに5月も終わりです。

今月もあのウサマビンラディン殺害というビッグニュースがありました。

最近は話題にならず、とっくにどこかでひっそりと息を引き取っているのではないかと思っていただけにびっくりしました。

オバマ大統領の演説を聞いて何か違和感を感じましたが、戦闘の中で彼が殺されたのではなく、最初から殺害が目的だったことが明らかになり、憤りさえ感じるようになりました。

極悪非道のテロリストであるなら、それをきちんと裁判で明らかにして欲しかったですし、そのうえで刑罰を与えるべきだと思います。

こんな西部劇同様の荒っぽいやり方では、結局第二のウサマビンラディンを生むだけだと思うのですが。

Img_0002

彼の出身地サウジアラビアオリンピック員会のシドニーオリンピック時のピンです。

トランジットしたタイの空港で交換してもらいました。

サウジアラビアはイスラムの戒律に厳格な国で、オリンピックに女性選手は参加したことがありませんし、それどころか女性は自動車の運転さえ認められていない唯一の国だそうです。

いろいろな国があるものですが、自分の価値観だけで他国を判断することが争いの原因なのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

オリンピック選手のピン 

20091213104345 オリンピック選手のピンというとこんなピンがあります。1991年末にソ連が崩壊したため、迎えた1992年にアルベールビル冬季五輪には旧ソ連7カ国、バルセロナ夏季五輪には、12カ国が旧ソ連統一チームとして参加しました。その時のピンだということです。(写真右)

左のフィンランドのピンと比べて分かるように、でかい!ごつい!のです。シンプルなデザインで私好みではありますが・・・(^^;  明らかに配布用ではなく着用したものだと思われます。2個持っていますが、2個ともキズがかなりついていますので、ひょっとしたらアルベールビル五輪が終わった後、選手団の事務方が 「バルセロナでも使いますので、ピンバッジをここに入れてくださ~い」なんて言ってお菓子の空箱なんかに、無造作に入れて保管していたのかもしれません(^^)・・・こんな勝手な想像をめぐらすのも、また楽しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

はじめまして

 はじめまして。ピンバッジにはまっています。主にNOCピンを中心に集めています。

NOCピンとは、各国・地域のオリンピック委員会のピンバッジです。日本で言えば、JOCになります。オリンピックチームの選手・役員との交換で手に入れることができます。

20100213105616

各オリンピックごとに作っている国・地域も多いです。それぞれの文化がにじみ出ていて大変興味深いものです。

そのほかにも、人との交流や旅先で手に入れたピンバッジを紹介し、その魅力をお伝えできればと思います。

Sydney1_2 2000年のシドニーオリンピック開催中にダーリングハーバーにできたコカコーラハウスでのピンバッジの交換模様です。連日大賑わいで、けっこうみんな真剣でした・・・(^^;  

 Canada_synchro_6

シドニーオリンピックのカナダのシンクロチームのピンバッジです。選手や役員が持っていましたので交換してもらいました。思わぬピンとの出会いにわくわくしました。

 新旧のピンバッジを織り交ぜながらゆっくりと紹介していきます。よろしくお願いします。                                                                                                                                                                                             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

趣味