« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月20日 (水)

桜咲く

先週末は仕事上のトラブルが発生しまして、急遽愛知県小牧市まで行ってきました。

土曜日の夜10時ごろ長野を出発して、小牧市着、帰りに伊那市で用件を済まし、翌日曜日の9時ごろ無事帰店しました。┐(´-`)┌

伊那市の高遠城址の桜も見ごろをむかえていました。

桜は華やかでいいですね。これだけで世の中が明るくなったような気がします。

翌月曜日を振り替え休日にしてもらい、日曜日は午後から前々から約束のカラオケに子供2人といってきました。

徹夜でしたが

「あした休みならいいか、っと。」(^^;

午後1時に入って7時までのフリータイムを楽しく過ごしてきました。

Photo

全国ランキング1位も取ることができ、なかなかの充実の1日でした。(*^m^)

Photo_2

友人からもらった山口のご当地ピンズです。

こういったピンズを見ると行ってみたいな~と思います。もちろん仕事じゃなくて・・・です。(゚▽゚*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

がんばろう日本!

震災以降、気持ち的にもピンバッジどころじゃありませんでしたが、努めて普通の生活に戻りたいと思います。

Photo


日本チームピンです。

日の丸については、親近感を持つ人だけでなく、嫌悪感を持つ人も少なからずいるのが現状でしょう。

過去の誤ちは率直に反省し、尊敬される国を作っていくのは、今の私たちの責任だと思います。

ともあれ、これからは、この日の丸をこの震災から立ち上がる真の愛国心の旗印にしていきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

gannbarou

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

大震災から1ヶ月

連日新聞の1面に載っているのは原発関連の記事です。

原発事故の影響がいかに大きくなっているかが分かりますし、これが長期的に復興への大きな足かせになってくるのは明らかです。

今日4月6日の信濃毎日新聞に、元オリックス球団代表の井箟重慶氏の投稿が掲載されていました。

阪神大震災時に球団代表だったということです。

彼によると「当時の震災時、とても野球どころではないと思っていたが、神戸で野球をやることが市民の励みになっ

た。がんばろうKOBEを合言葉に市民と選手が一体になった。みんながそれぞれの持分に戻って一生懸命にやること

が復興の一番の手段だ。」

そのうえで、「1回きりでない(長期的な)支援に知恵を絞るべきだ。」とありました。

具体的には、入場料をアップし義援金に回す事が一例として示されていました。

義援金を送る以外、一体自分が何ができるのか悶々としている中で良い話だと思いました。

「本職に戻って知恵を絞ろう」と題されていましたが、こちらも励みになる記事でした。

個人も含めて自粛ムードが広がっていますが、被災地以外のところでは普通の生活を維持していくことも大事だと思

います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »