« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月23日 (火)

花火大会

今日は地元長野ではえびす講花火大会でした。

11月の花火大会というのは、全国的には珍しいのでしょうか?

自宅の2階から見えるので、一杯飲みながらの鑑賞でした。(^^)

寒い時期ですが、空気が澄んでいて、花火の色がきれいに見えるのが良いですね。

花火の音は臨場感を楽しめていいものですが、これが大砲の音だったら・・・戦々恐々でしょう。

北朝鮮が韓国のヨンピョン島に砲撃をしたとのこと。一般市民にも被害を被るっているとか。

詳細は分かりませんが、なぜなんでしょう?

南北朝鮮は、今は休戦中ですが、戦争状態は続いていることを思い知ります。

Photo

北朝鮮です。アルミ製です。このピンはあまりないのか、結構レアです。

Photo_2

こちらは2002年ソルトレークオリンピックの韓国チームです。

いずれにしても、今回の騒動が拡大しないことを望みます。

同じ民族同士が対立している悲劇が、まだ続いていることが、残念でなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

その他の地域NO4

白鵬の連勝が63で止まってしまいましたね。

69の連勝記録をやぶるところを見たかった半面、それを日本人力士が阻んだことにほっとした気持ちもあり、複雑な心境です。

外国人力士が増えることは良い事だと思いますが、やはり日本人の横綱も出てきて、脇役ではなく主役として場を盛り上げて欲しいですね。

とにかく63連勝をした白鵬と、平幕でありながら連勝を止めた稀勢の里には、あっぱれをあげたいです。

Photo

南太平洋ポリネシアに浮かぶクック諸島です。

15の島々から成り、イギリスの保護領から今ではニュージーランドの属領となっています。

と言ってもニュージーランドから3000Km以上離れています。ニュージーランド政府としては財政難からクック諸島の自立を望んでいるようですが、クック諸島政府はそれを拒んでいるようです。

Photo_2

パレスチナです。北京オリンピックでは旗手の他5人の選手・役員が手をつないで入場しました。

メダルの獲得は今までありませんが、アトランタオリンピック以後夏のオリンピックには毎回出場しています。

ただこのピンバッジは交換で手に入れましたが、アメリカのアミンコ社製なんですよね。

パレスチナオリンピック委員会がアメリカの会社でピンバッジを作るか~???ですよね。

アトランタオリンピックのころからあるピンですが、誰かが作ったんじゃないか・・・と思います┐(´д`)┌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

その他の地域NO3

年末が近づき、そわそわした時期になってきました。

ライオンズファンの私にとっては、どうでもいい日本シリーズでしたが、見ごたえのある勝負でした。

リーグ3位のロッテの試合ぶりは見事でした。負ける気がしないような勢いがありました。

勢いづかせたのはライオンズですので複雑な心境ですが、ともあれ「あっぱれ!」をあげたいです。

Photo

西インド諸島に浮かぶ島アルバです。

西インドと言ってもインドとはほど遠い南米ベネズエラ沖に浮かぶ小さな島です。

イギリスの統治下になったときもありましたが、今はオランダの統治下にあります。

Photo_2

南北アメリカの間北大西洋に浮かぶ島バミューダです。

イギリスの海外領土です。

元々は無人島でしたが、イギリスの難破船の船員が上陸したことから入植が始まりました。

先に紹介したプエルトリコとこのバミューダ、そしてフロリダ半島を結ぶ海域がバミューダトライアングルと言われ、船や飛行機の遭難が相次ぐ場所として有名なところでもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

その他の地域NO2

Photo

台湾です。中華民国と言うべきなのでしょうか?最近ではチャイニーズタイペイと新聞などでも載るようになりました。

日本は現在は国家として認めていませんし、台湾は中国の一部という考えが世界的な趨勢から、オリンピックでも国ではなく「地域」として参加しています。

しかし、台湾を国家として承認している国が20ヶ国以上あるのも事実で、そうした国から見れば、今の中国(中華人民共和国)こそが台湾の領土を不法占拠しているということになります。

びっくりするのは台湾政府は中国本土のみならず、チベットやパミール高原など、インド、ミャンマー、ブータンのそれぞれの一部、さらにはモンゴルまで自国の領土と主張していることです。

清朝のすべての領土を継承したと考えているからだそうですが、いかにも現実離れしています。

ちなみに尖閣諸島について、中国だけでなく台湾も自国の領土と主張しています。

Photo_2

バージンアイランズと同じカリブ海に浮かぶ島プエルトリコです。

アメリカの自治連邦区と言うのだそうです。

米西戦争後アメリカ領になりました。

当然住民は、アメリカのパスポートを持ち、アメリカドルを使っていますが、言語はスペイン語を話します。

アメリカへの納税の義務もアメリカ大統領選挙への投票権もないということです。

支配と被支配の歴史の負の部分を感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »