2012年2月28日 (火)

三寒四温

暖かくなったかと思ったら一転また寒い日が続きますね。

こんなピンが届きました。

Photo

スリナム共和国です。

南米の北に位置し、前に紹介したガイアナ協同共和国の隣の国です。

オランダ領ギアナと言われていた国で、南米唯一のオランダ語を話す国です。

人口50万の南米で最少の国で、オリンピックでは今までにメダル2つしか獲得していません。

正直言って「こんな国あったんだな~」って感じでしたが、K-1のアーネスト・ホーストやレミー・ボンヤスキーが生まれた国と聞けば

「ほぉ~」

となぜか感心してしまいます。(^^)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

2012ピンバッジコレクションNAGANO

2月12日恒例のピンバッジ交換会に行ってきました。

この時しかお会いしない方々がほとんどですが、毎年楽しみにしています。

ともあれ、毎年手弁当で主催してくださる皆さんには申し訳なく思いながら、今年も参加しました。

_0001

購入したりいただいたりしたピンです。

_0002

これは、旧ソ連邦の一つだったアゼルバイジャンのピンです。長野オリンピックまではこのピンでしたが、この後のシドニーオリンピックからはデザインが変わりましたので、これは今では貴重です。垢抜けない作りですが、これがまた良いですね。

実は、このピンとスイスの小判型のピンでソルトレイク&アテネの大型トレードを画策したんですが、残念ながら不成立でした。(^^;

まあ、スイスピンはまた出てくると思いますので、「入るまで待とう」って心境です。(^^)

また来年を楽しみにしています。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

一番遅い国から一番早い国へ

新年を迎えて、このブログのタイトルのピンズを、世界で一番早く日の出を迎えるキリバス共和国にした・・・はずなのに、なんと、昨年の12月29日から1日飛ばしをして、(30日はなかったことにして)、キリバスとともに世界で一番早く日の出を迎えていた国がもう一つできました。

サモアです。

きっとニュースになっていたのでしょうが、こちらは仕事が忙しく全然知りませんでした。(`ε´)

時代遅れでした。(._.)

サモアとキリバスはほぼ同じ緯度にあるため、日付変更線の西にあるキリバスが世界で一番早く、東にあるサモアが一番遅く日の出を迎えていたのに、サモアも東に変更線を動かしたため、キリバスとともにサモアも一番早く日の出を迎える国になったとのこと。(正確にはキリバスがわずかですが一番のようですが・・・)

貿易相手のオーストラリアやニュージーランドに合わせないと不都合があるからとの理由だそうです。

ガッテン!

_0001

しかし、これは、サモアチームのシドニー五輪時のピンですが、

_0002

サモアの東には、上のピンがそうですがアメリカ領サモアがあり、こちらは変更線の東に残っているので、今はここが世界で一番遅く日の出を迎える国になります。

すぐのお隣さん同士で、また同じサモア人なのに、同じ時間で1日違いの生活を送っているなんて、これはこれで不都合があるんじゃないかな~と思いますが・・・。w(゚o゚)w

世界には面白い事がありますね。(^^)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

コープが運営する国

今年はオリンピックイヤー、ロンドンオリンピックが今から楽しみです。

ただ、現地に行けそうもないが残念ですが・・・・(;;)

北京オリンピックの参加国一覧を改めて見ていたら、こんな珍しい国名を発見しました。

「ガイアナ協同共和国」

南米にあるガイアナは以前、新興宗教信者の集団自殺があって有名になりましたから知っていましたが、公式国名は協同共和国というのは初めて知りびっくりしました。

コープ(CO-OP)ですからね。

国有の公社が企業を管理し、協同組合として組織された国民が経営するシステムということです。

社会主義政策を推進していますが、1党独裁ではなく、選挙によって政権が争われているそうです。

Photo

左のピンにある白抜きがこの国の形を表しています。南米では唯一の英語の国であり、しかもイギリスの植民地だったことから、今でもイギリス連邦に属しています。

なかなか興味深い国です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

北海道総集編

こんな寒い時期に北海道に行ってきました。(^^)

長野-函館-札幌-旭川-札幌-八戸-長野

こんな感じで新幹線+特急列車を乗り継いで、5日間で2990Kmの旅行でした。

どこに行っても、とにかく寒い・・・・(゚0゚)

長野も寒いところだと思っていましたが、ここの比ではありませんでした。

どこに行っても積雪で、気象庁発表の気温より体感温度はかなり寒くなるのだと思いました。

食べ物はさすがに美味いです。

函館いか清で食べた、活やりいか、ほっけのさしみ、札幌のカニやカキ、最高でした。

2012_0001

2月8日から始まる旭川ウインターフェスティバルのピンです。観光案内所の方が着けているのをいただきました。m(_ _)m

2012_0002

ペンギンの行進などで有名な旭山動物園で買いました。動物がまじかで見られる今までにない動物園です。

2012_0003

札幌テレビ塔のがちゃピンです。100円だとやっぱり安っぽいなぁ~( ^ω^ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

雪の北海道

北海道に来ました!定番の函館に泊まり、今日は札幌に向かっています。
函館では「いか清」で新鮮な海の幸を堪能しました。活いかは時化でなかったのですが、私のために取っといていただき、感激でした。

他にも、私の来店の時間に合わせて、一番おいしく食べられるタイミングで、ほっけをさばいておいていただきました。

またお邪魔したいお店です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

新年を迎えて

テンプレートを新しくしました。

一部の読者から気に入らないと言われていたDHLのピンから、前回紹介したキリバスのピン替えました。

キリバスの国旗は、希望の象徴である鳥が日の出の太陽の上を飛んでいる、まさに新年にふさわしいめでたいデザインです。

青い波は太平洋、白い線はこの国の主要諸島を表しています。

なにか元気が出そうなインパクトのある国旗で気に入ったのでテンプレートに載せました。

実際は昨今の温暖化で水没の危機に直面しているようですが・・・・。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

初日の出

新年あけましておめでとうございます。(o^-^o)

昨年は大変な年でし。、2012年は良い年であることを願わざるを得ません。

2


世界で最も早く2012年を迎えた国キリバス共和国です。

太平洋上に散らばる33の環礁からなるこの国は、かつては日付変更線が国の中を通っていたため、同じ国で日付が違う変わった国にだったのですが、一番に西の島に合わせて、日付変更線を東に凸状に引き直したため、世界で1番早く日付が変わる国になったのでした。

3


アテネオリンピックのピンです。裏に115/200と刻印があります。

国旗も新年にふさわしい、なのかおめでたい感じがしていいですね。(*^-^)

良い年にしていきましょう。o(*^▽^*)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

チュチェのピン

北朝鮮の金正日総書記が亡くなりました。

見るからに脳こうそくの後遺症がありましたが、最近は精力的に仕事をしていたようで、唐突感があります。

激やせから元に戻りつつある感じでしたが、それもいけなかったようですね。

Photo


こんなピンがあるのを思い出しました。

シドニーオリンピックで交換したものです。

ジュチェとありますが、いわゆるチュチェ思想のことです。

「革命と建設の主人公は人民大衆にある」としながらも

「人民大衆は必ず首領の指導を受けなければならず、その権威は絶対で無条件に従わなければならない」とする

独特の理論です。

こうした教育をされた結果、まるで肉親を亡くしたような北朝鮮の人たちの反応が生まれてくるのかと思いました。

ともあれ、私としては、オリンピックとは関係ないこんなピンまで回ってくる、ピントレーディングの面白さを実感した

のでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

諸行無常

久しぶりに投稿します。

ご無沙汰していてすみません。m(_ _)m

母の葬儀とかありまして、なんとなくブログを書く気になれなかったもので・・・・。

またぼつぼつと書いていきたいと思います。 o(_ _)oペコッ

Photo


太平洋の島国ナウルです。

実はこの国、現在国家存亡の危機にさらされています。

かつては、この島から採掘されるリン鉱石におかげで、教育、医療、公共料金まで無料で、しかも、国民の全世代に年金が支給されるという、超リッチな国だったんです。

おかげで、働く必要もなくなり、そればかりか食事の用意もしなくなり、3度の食事まで中国人の経営する店で済ましてしまうという状況でした。

しかし、こんな極楽浄土は長くは続かないのが世の常で、とうとうリン鉱石が枯渇してしまい、国家収入が激減、しかも枯渇した時のことを考えて行っていた海外投資にも失敗、所有していたナウル航空の旅客機まで差押えられてしまう有様で、今では本当に国が破産してしまう危機に陥っています。

このピンはシドニーで重量挙げの選手と交換してもらいました。

ニコリともしない朴訥とした感じの人でしたが、今はどうしているんでしょうか?

北京オリンピックにも重量挙げの選手が1人参加していたので、ナウルオリンピック委員会もまだあるようですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«愛しの青森 その2